WORKwork

資料と万年筆

ABOUT

モチベーション診断士とは

モチベーション診断士とは

相手のモチベーションを高めるカウンセリングができる人
それが『モチベーション診断士』です

人が個々の「考え」や「能力」を発揮し、成果を出したりやりがいを感じる過程にモチベーションは欠かすことができません。 モチベーション診断士とは、人のモチベーションを引き出すための知識とカウンセリング手法を習得したプロフェッショナルに与えられる資格です。資格を取得するには、資格認定講座の受講と検定試験の合格が条件となります。

キャリアウーマン

モチベーション診断士の必要性

働く人の個々人のモチベーションの重要性が高まる社会的背景を受けて、ワーク・モチベーションのプロフェッショナルを育成するために、モチベーション診断士資格認定制度を開設しました。

説明図

GREETING

ごあいさつ

菊入みゆき

内閣府の調査によれば、日本の仕事のやりがいは、1980年代をピークに中長期的に低下しています。特に若年層においては、就業後3年以内の離職率が、大卒で約3割と高い水準にあり、離職の理由として仕事への満足度の低さやストレスの増大が上げられています。
さらに近年は、正規以外の従業員が増加するなど就業形態が多様化し、顧客のニーズも多岐に渡り、また多様化しています。
こうした状況の中では、働く人のモチベーションはますます重要度を増していると言えます。一人一人異なるモチベーションのありようを正しく理解し、向上させることが、顧客のニーズにあった商品やサービスの提供につながり、若年層を中心としたやりがいの低下に歯止めをかけることになります。

ワーク・モチベーション研究所は、JTBコミュニケーションデザイン(旧JTBモチベーションズ)が20年間に亘って蓄積した働く人のモチベーション・データと組織に対するモチベーション向上施策の実績をもとに、職場において、自身のモチベーションを向上させ、さらに同僚やチーム、組織全体のモチベーションを向上させる人材の育成に、着手いたしました。モチベーションに関する適切な知識を持ち、モチベーション向上を実現できるスキルを身に付けた人を育成し、資格認定することで、個人と組織のモチベーション向上に貢献し、日本の仕事のやりがいを高めることを目指します。

ワーク・モチベーション研究所
所長 菊入 みゆき

COURSE

資格講座について

モチベーション診断士資格認定講座

約10万人の「モチベーション」の研究データから得られた働く人のモチベーションに影響を与える要因、モチベーション専門集団としての20年にわたるコンサルティング実績から得られたモチベーションを引き出す手法をもとに、モチベーション診断士としての実用的な能力を高めるために開発された講座です。

『モチベーションの知識』 と 『カウンセリング手法』の習得

モチベーションに影響を与える要因は、一人ひとり違います。 相手のモチベーションに影響を与えている要因を知ることが、モチベーション診断士の第一歩です。

モチベーション診断士認定講座では、モチベーションに関連する知識を習得した上で、その知識を活用し相手のモチベーションを引き出すカウンセリング手法を習得します。

  • 人のモチベーションに影響を与える6つの要因(フレームワーク)をつかって、相手のモチベーションを高めるカウンセリングを実施できる人を育成するプログラムです。
  • 相手のモチベーションを高めている要因・下げている要因を理解する方法を習得し、モチベーションを維持・向上させるためのカウンセリング手法について、実践トレーニングや事例共有を通して身につけていただきます。
  • 小人数制だからしっかり学べる!
  • 実践型だからすぐに使える!
  • フォロー充実だから継続して学べる!

資格認定講座・検定試験

講座名称

モチベーション診断士資格認定講座

資格名称

モチベーション診断士

資格発給者

ワーク・モチベーション研究所

運営

株式会社JTBコミュニケーションデザイン

講座時間

全16時間 (座学授業15時間 検定試験1時間)

検定試験

1時間(講座最終日 1時間)

試験内容

筆記試験及び課題提出

講座受講資格

社会経験のある方

検定受験資格

15時間の資格取得講座を滞りなく修了した方

合格基準

100点満点中80点以上で合格

受講費用

受講料:92,600円

検定料:16,400円

認定登録料:20,600円 ※2年ごとに更新(更新費20,600円)

合計:129,600円

カリキュラム

1日目

モチベーション診断について

  • モチベーションモチベーションとは
  • モチベーション診断士の社会的意義と役割
    ・現代におけるモチベーションの重要性/モチベーション診断士の役割
  • モチベーション診断の適用シーン
  • モチベ-ション診断 学習のステップ診断士資格認定講座

モチベーションの基礎知識

  • モチベーションの定義
  • モチベーションの性質
  • 主なモチベーション理論

モチベーション診断法

  • モチベーション診断に用いる「モチベータ」
  • モチベ-ション診断のステップ
  • モチベーション診断
    *課題【モチベータの特定】

2日目

モチベーション診断のためのカウンセリング

  • モチベーション診断のためのカウンセリングについて
  • カウンセリングのための環境整備
  • カウンセリングの基本スキル

モチベーションアップ支援法

  • モチベーションアップ支援のための3つの視点
  • 6つのモチベータの支援策
    *課題【セルフ・モチベーションアップ・アクションプランと 実践のレポート】
    *課題【モチベーション診断演習】

3日目

モチベーション診断総合演習

  • 総合演習
  • オリジナル・モチベーション診断シートの作成

課題提出・筆記試験

資格認定者特典

モチベーション診断士としての知識やスキルを磨くための講習会に無料で参加することができます。(年1回程度開催)

復習講座として、認定事務局主催(認定事務局指定)の資格認定講座に10,000円/2.5日で参加することができます。(通常費用は84,000円)

やる気分析システムMSQ(3,800円)を1年に1回無料で受検できます。(認定者に限ります)

やる気分析システムMSQ(3,800円)を1年に1回無料で受検できます。(認定者に限ります)

名刺や履歴書に資格名を記載いただくことが可能です。

資格ロゴマークをホームページよりダウンロードいただき使用することができます。

JTBモチベーションズ主催の各種セミナーに認定者特別価格で参加することができます。

JTBモチベーションズ オリジナルグッズを認定者特別価格で購入いただくことができます。(モチベーション手帳、モチベーションキャンディなど)

上位資格となるインストラクター資格を取得するための資格条件となります。
(ただし、上位資格を取得するためには、一定以上の条件を満たすことが必要です。)

※資格認定者特典の内容は変更になることがあります。

HOW TO

資格の活かし方

こんな方にオススメ!

  • 人事・総務、社員教育担当者
  • 人材の最適活用を目指す課長、係長、マネージャーなど中間管理職の方
  • 身近な方のモチベーションを上げたいプロジェクトチームなどのリーダー
  • 店舗を活性化させたい販売店や飲食店の店舗運営者
  • 心理に関するお仕事をされている方、目指している方
  • 意識変革系の講師やカウンセラーの方や目指している方
  • 自分自身の成長を実現したい方     など

講座を受講し資格を取得いただいた方々からのコメントをご紹介いたします。
※一部抜粋

資格取得者 人材育成職の方のコメント
質問①当講座を受講された目的は何ですか?
  • 自身の仕事における1つのツールとして、活用するのに最適な講座だと考えたから。人はどんな事でやる気になれるのかを知り、モチベーションを(自分で)マネジメントする方法を社員に説明できるようになりたかった。
質問②当講座を受講して良かったことは何ですか?
  • モチベーションの基本的理論を理解するための考え方(6つのカテゴリ)がまとまっており、理解しやすかったこと。
  • ロールプレイを通し、モチベーション診断の基礎を習得できたとともに、自分の仕事における(カウンセリング)強い部分と弱い部分が見えたこと。
  • 自己洞察が深まり、相手の立場、相手の頭の中を地図を知ることの大切さを再確認できたこと。
質問③今後、当講座をどのように活用していきたいですか?
  • 心理カウンセラーの資格と併せて仕事に取り入れていきたい。
資格取得者 店舗運営職の方のコメント
質問①当講座を受講された目的は何ですか?
  • 現在の業務の役に立つと思ったため、モチベーションについて基礎から学びたかったので。
質問②当講座を受講して良かったことは何ですか?
  • モチベーションの基礎知識を実践的に習得できたこと。
  • 診断するスキルや心構えを「実際にできる」というレベルで教えて頂いたこと。
  • 自分自身のモチベーションについて、気づきが多かったこと。
質問③今後、当講座をどのように活用していきたいですか?
  • 診断により、自社の社員、スタッフへのモチベーションアップ。組織改善と活気ある職場をつくるために活用していきたい。
資格取得者 組織運営職の方のコメント
質問①当講座を受講された目的は何ですか?
  • 会社の仲間のモチベーションを上げて、チーム・職場でより良い仕事をしたかったため。
質問②当講座を受講して良かったことは何ですか?
  • 具体的なモチベーションの知識が身についたこと。
  • 自己、他者の洞察がより深くできたこと。
  • 人との関わり方や多様性を受け入れやすくなったこと。
質問③今後、当講座をどのように活用していきたいですか?
  • 診断により、自社の社員、スタッフへのモチベーションアップ。組織改善と活気ある職場をつくるために活用していきたい。

資格を取得いただいた方々のケースをご紹介いたします。

店舗スタッフのモチベーションを向上させ、店舗売上をアップ(ショップ店長Sさん)
ファッション雑貨ショップの店長、Sさん(女性、28歳、店長歴2年)

バッグや小物を扱うファッション雑貨ショップの店長となって2年目です。お店を回すことに必死で、無我夢中でやってきましたが、今年に入って売上が目標に達せず、スタッフのモチベーションも下がり気味であることに焦りを感じていました。

そこで、モチベーションの勉強をはじめて、人によってモチベータがこれほどいろいろあることに驚きましたが、新たな視点でスタッフの行動を観察し、話をしてみると、確かに一人一人違うモチベーションの特徴があることに気づきました。それぞれのスタッフを理解し、丁寧に話を聞き、アドバイスをすることで、皆が元気になっていくのがわかりました。

まず若い二人のスタッフが変わっていきました。接客のときの表情と声が明るくなり、店内の清掃や整頓も積極的にやってくれるようになったのです。すると、ベテランのスタッフたちも刺激を受けて前向きな態度になり、どうしても変化することができなかった1人が辞めることになりましたが、その欠員をみなで埋める努力をすることで、結束力も高まったようです。

リピートのお客様が増え、ショップカードの発行数が伸び、売上も伸びてきました。自分自身も、仕事が楽しくなり、店長をやっていけそうだという自信が持てたように思います。モチベーションの大切さを実感しています。

販売店への営業活動にダイレクトに活用し、将来の夢も(メーカー営業Gさん)
メーカー勤務のGさん(女性、30歳、社歴8年)

入社以来、営業部門で仕事をしてきましたが、数年前から販売店への営業に携わっています。販売店の営業担当者の方々と同行して営業することもあり、自分自身だけでなく、同行する営業担当者にがんばっていただくことも、大切になってきました。ただ単に、よろしくお願いします、と依頼したり、商品を提案したり、というだけではむずかしい、と思うことも多く、行き詰まりを感じていました。

講座の内容がまさに自分が悩んでいた、自分のモチベーションと、相手のモチベーション、ということだったので、非常に楽しく、興味を持って受講することができました。習ったことがすぐに仕事に生かせる状態でした。教育部にも、受講の状況を報告し、認定証をいただいたときは、一緒に喜んでもらいました。

販売店の方にも評判がよく、ある社長様からは直接お褒めいただき、私の上司にも電話してお褒めの言葉を言ってくださるという、とてもうれしい結果を得ました。

教育部の方々とも関わりができて、将来は、教育や人材育成の仕事もやってみたいと思うようになり、少し前には考え付かなかったようなことも考えるようになり、自分の変化に驚いています。

CONTACT

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせ、ご相談につきましては、「お電話」または「メールフォーム」よりご連絡ください。