WORKMOTIVATION

資料と万年筆

菊入みゆきの研究論文が 日本キャリアデザイン学会の研究誌に掲載されました。

ワーク・モチベーション研究所所長菊入みゆきの研究論文が

日本キャリアデザイン学会の研究誌「キャリアデザイン研究」Vol.10に採択され、

掲載されました。

 

 


 

達成動機が社会的勢力に及ぼす影響

-若年労働者の職場における人間関係とキャリア形成の観点から-

The effects of achievement motive on social power

-In view of the human relationship and career construction of young adults in the workplace-

著者:菊入みゆき・岡田昌毅

 

 

本研究では、達成動機が人の資源として機能し、

同僚との人間関係に影響を及ぼすことが実証されました。

 

「同僚の自己充実的達成動機(自分なりの達成基準への目指す)が高い」

と感じると、その同僚のようになりたいと感じ、

「同僚は専門的な能力が高く、この同僚の言う通りにするのは当然のことだ」

と感じるようになります。

 

しかし、

「同僚の競争的達成動機(他者に勝つことで社会から評価されることを目指す)が高い」

と感じると、そのような作用は起きませんでした。

 

達成動機は、単に自分の行動を起こすことにつながるだけでなく、

職場の中の人間関係を変え、結果として

キャリア形成にも影響を及ぼすことが示されました。

CONTACT

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせ、ご相談につきましては、「お電話」または「メールフォーム」よりご連絡ください。