WORKMOTIVATION

資料と万年筆

【講演】セミナー「社員のモチベーションアップを目指したワークプレイスづくり」に登壇しました。

株式会社岡村製作所が主催するSEA ACADEMY「ワークプレイス・プラクティス」セミナー、
「社員のモチベーションアップを目指したワークプレイスづくり」に登壇しました。

 

※セミナー概要はこちらのページをご覧ください。

当日は悪天候にもかかわらず、会場のOpen Innovatoin Biotope “Sea” (http://workmill.jp/sea/)には、
企業の総務、人事部門の方々など70名を超える皆様にお集まりいただきました。

セミナーは、昨年、東京日本橋タワーにオフィスを移転した
日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)の事例発表を中心に進行。

 

JMAMの新オフィスのコンセプトや移転の具体的なプロセスについて、
同社の総務部、上野純子室長から説明があり、
菊入所長が社員のモチベーションの見地から解説する、というスタイルです。

社員のモチベーションアップには、
「働きやすさ」と「働きがい」の両面を検討する必要があること、
オフィスという環境要素は、
キャリアアイデンティティ=「職業上の自己概念」に影響を与えること、
オフィス移転などをプロジェクトで進める際には、
「観客効果」などの集団の力学が働くことなどが、テーマアップされました。

 

会場には、オフィス移転を予定する企業の方もいらっしゃっていて、
熱心にメモを取られていました。
会場は、デスクはなく椅子だけのフランクな雰囲気で、
そのせいか質問の手も複数上がり、活発なディスカッションが行われました。

菊入所長からのメッセージ

働く場であるオフィス環境は、モチベーションに大きな影響を与えます。
JMAMさんの新オフィスでは、来客スペースをブックカフェ風にするなどの様々な工夫により、
実際に来客数が増加したとのことです。
オフィスは、社員のモチベーションだけでなく、社外のお客様を惹きつける効果もあるのですね。

 

オフィス移転などの大きな変化の際には、こうした知見を十分検討することが必須だと思います。
そして、普段からオフィスを使いこなす、あるいは自分たちでオフィスをアレンジして使いやすく
することも、「働きやすさ」を向上させ、結果的に「働きがい」につながると感じました。

CONTACT

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせ、ご相談につきましては、「お電話」または「メールフォーム」よりご連絡ください。