コラム

2020年10月26日

【2020年最新調査公表】「リモートワークの実態調査」から、モチベーション維持のポイントを探る

リモートワークの実態調査で見えた、 社員のモチベーション維持のために必要な施策とは?

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、リモートワークを導入する企業は一気に増加。リモートワークには、通勤時間の削減、プライベートの充実などさまざまなメリットがある一方、いくつかのデメリットも浮かび上がってきています。

そこで今回、首都圏の従業員数200名以上の企業にお勤めの会社員の方540名を対象に、リモートワークのメリットとデメリットを探る調査を実施しました。この調査により、リモートワーク成功の鍵として、社員のモチベーション維持が重要であることがわかりました。リモートワーク時の社員のモチベーションを維持するためには、どのような対策が必要なのでしょうか。

調査結果

「リモートワークの実態調査」は以下の要領で実施しました。
・調査の目的:リモートワークの実態、課題を把握
・調査対象:東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、埼玉県、千葉県在住。リモートワークを導入している従業員数200名以上の企業にお勤めで、本部長(事業部長)クラス、部長クラス、課長クラス、係長・主任クラス、一般社員クラス、その他専門職・特別職の方
・調査時期:2020年6月
  スクリーニング調査:2020年6月11日(木)〜6月14日(日)
  本調査:2020年6月15日(月) 〜6月16日(火)
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査実施機関:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
・有効回答数:スクリーニング調査12,865  本調査540

今回の新型コロナウイルス感染拡大によりリモートワークを導入する企業が一気に増加し、この傾向は今後も定着していくと推測できます。そこで、今回、リモートワークの実態、メリットやデメリットを探る調査を実施したところ、リモートワーク成功の鍵として、社員のモチベーション維持が重要であることがわかりました。

今回の調査でリモートワークを行っているとした回答者は79.3%と、8割近くがリモートワークで仕事していることがわかりました。この結果からも今回の新型コロナウイルス感染拡大は、人々の働き方に大きなインパクトを与えたことがわかります。

また、アンケートでは、リモートワークで仕事をしている人の多くが「通勤の時間、労力が減った」「家事との両立がしやすくなった」「介護や育児、家族団らんに時間を割けるようになった」といったメリットを挙げています。

この結果から、リモートワークによって通勤の負担が軽減されただけではなく、プライベート面でもよい影響があったことがわかります。

しかし、一方で次のようなデメリットも出てきています。

サテライトオフィスであれば、リモートワークといえど複数人で一緒に働くこともできます。しかし、今回のように感染拡大を予防するための自宅勤務となると、一日中、単独での仕事となり、コミュニケーション不足に陥りやすくなります。
今回の調査でも、リモートワークのデメリットとして40%以上の人が「コミュニケーション不足や孤立を感じる」ことを挙げています。

リモートワークのデメリットとして、2位には「仕事に対するモチベーションが維持しにくい」こと、3位には「仕事に対するモチベーションが低下してしまう」ことが挙がりました。このように、リモートワークのデメリット、上位3つの回答のうち、2つがモチベーションに関するものです。リモートワークではチームとしての一体感が築きにくい場合が多く、コミュニケーションが減り、一人きりでのリモートワークが続くと、モチベーションの維持はよりいっそう難しくなります。

オフィスワークでもリモートワークでも、企業である以上はチーム単位で業務を行っていくことには変わりありません。そのため、リモートワークによってモチベーションが低下すると、チームのコミュニケーション遅延につながり、結果として作業効率の低下や、リモートワーク残業による悪影響も懸念されます。

これらのことから、今後リモートワークを定着させていくうえで重要となるのが、社員のモチベーションをどのように維持させるかです。オフィスワークと同様にリモートワークでもモチベーションを維持、向上させられれば、リモートワークの成功が見えてきます。

今回の調査レポートでは、リモートワーク時のモチベーション低下の原因や影響についても詳しく解説をしています。また、それらを解決し、リモートワークを成功に導くための対策も紹介しています。

続きは、以下の調査レポートをご覧いただき、自社のリモートワーク定着のヒントとしてご活用ください。
https://go.jtbcom.co.jp/l/577451/2020-10-20/4ghvvj

CONTACT

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせ、ご相談につきましては、「お電話」または「メールフォーム」よりご連絡ください。