CASE

新入社員向け入社時初日の経営理念研修

某調剤薬局会社様

背景

新入社員の入社時研修の初日に、まずは社会人としての心構え、マインドをしっかり教えてほしいというご依頼を受けました。

これまで実施してきた一般的なビジネスマナー研修は2日目以降に実施しますとのことでした。近年入社した若手社員の入社後の モチベーション停滞、CS意識不足についての強い課題感、危機感が背景にありました。

ご提供内容

打合せを重ね、「自社の経営理念」をベースにしたカリキュラムを作成し、「自社の経営理念を知る、自社の社会的責任を知る、自社の利害関係者を知る、自社で働く意義を考える」という構成にしました。

企画・運営ポイントとしましては、

  1. ①研修初日を任されたこともあり、研修とは何か、研修上のルールなど、オリエンテーションにも時間をかけ、受講者への動機づけを図りました。
  2. ②経営理念についての幹部社員講話後、まずは新入社員同士で「共感点」と「不明点」を共有し、その後、不明点について幹部社員に一問一答での質疑を行いました 。
  3. ③新入社員数が50名以上と一定の人数がいたため、ハンディカメラを活用してグループ発表を全体で共有し、ライブ感を醸成しました。

※今回のご提供内容は、当社オリジナル研修

「企業理念浸透ワークショップ」をベースに、カスタマイズしたものです。

効果

新入社員の大多数が薬学部で6年制教育初卒業の女性看護師でした。講師から分かりやすく論理的なレクチャーを心がける一方、レゴを使ったグループワークなど交え共感性を喚起したことで、研修内容についての深い理解と共感とともに、高い満足を得ていただけました。

セッション「自社の利害関係者を知る」では、自社に関係する個人や組織を、グループワークで洗い出しました。業界の管轄省庁のトップ、厚生労働大臣まで利害関係者として挙げたグループもあり、その視野の広さに研修企画担当者も感嘆の声をあげました。

VOICE

担当者様の声

今回の研修は弊社としても初の試みでしたが、こちらの期待以上の非常にいい研修をしていただき感謝申し上げます。新入社員が経営理念に関心を持っていることも研修をしてみてよくわかりました。 経営理念については、新入社員以外の既存社員にも再度しっかり伝えていく必要を感じました。(人事担当者)

経営理念にあった「社会」とはどこを指すのか疑問に思っていたけど、具体的に説明してもらえたことでやっと理解ができた。(新入社員)

レゴを使ったワークで、会社の全体像がつかめた気がする。(新入社員)

CONTACT

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせ、ご相談につきましては、「お電話」または「メールフォーム」よりご連絡ください。